デリケートゾーンの黒ずみを無くすために皮膚科に行こう

デリケートゾーンの黒ずみは皮膚科で無くすことができるのか?

デリケートゾーンに黒ずみができてしまったら、非常に気になるものですが果たして皮膚科で無くすことはできるのでしょうか。皮膚科であればレーザー治療を行うことができるので、直接メラニン色素を破壊することができ、黒ずみを無くすことは可能です。実際にレーザー治療を行うと、皮膚の深いところにまでレーザーが届くようになるので、原因となっているメラニン色素を無くすことはできます。そして、破壊されたメラニン色素は肌の新陳代謝と共に表面に出てきて、垢としてやがて無くなっていきます。肌の新陳代謝はレーザー治療を繰り返すことによってだんだん活性化するので、悩みがあるならぜひ相談してみましょう。ただ、長年皮膚に蓄積されたデリケートゾーンの黒ずみはなかなか一回の治療だけでは無くすことが困難なので、定期的に通う必要があります。レーザー治療はメラニン色素だけを破壊する効果があるので、皮膚に負担をかけることがなく、痛みも感じません。皮膚科での治療というと痛みを感じてしまうかもしれないと心配しているかもしれませんが、そんなことはないので安心してください。あっさりと終わるのでむしろお勧めの方法だとも言えます。

デリケートゾーンの黒ずみは皮膚科でピーリングして無くせる

また、皮膚科でのデリケートゾーンの黒ずみケアはピーリングするという方法もあります。ケミカルピーリングですが、古い角質を落として新しい肌にするという手法です。ケミカルピーリングは通常は専用のフルーツ酸などを使うので、無理なく古い角質を溶かして新しい肌にしてくれます。また、細胞のターンオーバーを促す作用があり、デリケートゾーンの黒ずみを無くすことができます。タンパク質の酵素を事前に使用し、ピーリング剤の浸透をアップさせるので皮膚に負担もかかりません。ケミカルピーリングはデリケートゾーンだけではなく、Iラインやおしりにできた黒ずみに対しても行うことができます。ただ、実際にピーリング剤を使用するときには、皮膚科で相談するようにしましょう。特にIライン辺りにできてしまった黒ずみであれば、粘膜部位に近いので下手するとトラブルが起きてしまいます。また、ピーリング剤の濃度に関しては、適正な濃度は人それぞれになります。皮膚科の専門医とじっくりと相談することで解決できるので、まずは自分にとってベストな濃度のピーリング剤はどの程度なのかを把握しましょう。値段も安く、だいたい数週間に1回すれば適正なので手間もかかりません。

皮膚科に行ってデリケートゾーンの黒ずみに効くクリームをもらおう

デリケートゾーンの黒ずみといえば、皮膚科ではハイドロキノンが処方されることが主流となっています。ハイドロキノンとは、強力な美白クリームになります。メラニン色素ができることを阻害してくれるので、高い美白作用があります。通常の美白成分であるコウジ酸やアルブチンなどよりもずっと効果がありますが、その分強力なので皮膚に対して負担がかかります。したがって、どのくらいの量を使うのかは、皮膚科でしっかりと相談しましょう。うまく使用すれば短期間で透明感のある肌に仕上げることができます。同時にトレチノインも処方されることがありますが、これはハイドロキノンと同様に肌のターンオーバーをしっかりと促進する効果もあります。肌のターンオーバーが促進することで、メラニン色素の排出が盛んになり黒ずみも無くなります。ハイドロキノンとトレチノインは同時に処方されることがあります。ケミカルピーリングやレーザー治療などのような治療は必要なく、ただ塗ればいいだけなので皮膚科に通う手間もかかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です